RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Resistance in Life !

「生き方としてのレジスタンス!」と言ったら大袈裟だけど、そうありたいな〜って、ちょっぴりまじめに考えている、30代半ばの、とあるオッサンの日記です。
http://www.teruyuki-tanaka.net/
4月のテーマ「戦略は細部に宿る」
<< スッチャカメッチャカの醍醐味! | main | 三者検証 >>
大野一雄さんという磁場
0
     横浜にある「大野一雄舞踏研究所」に、ワークショップ参加のため出かける。現在、このワークショップで実際に指導されてらっしゃるのは、舞踏家の大野慶人さん。既に100歳を迎えられた大野一雄さんのご子息である。
     突然参加してみたいと思ったのは、別段ダンスや舞踏をやりたいという気持ちになったからではない。2つの理由からだ。

     1つはただ単純に、「大野一雄さんの影に触れたい」から。100歳を超えた大野さんが、最近公の場に出ることは先ずない。もちろんそのことは知っていた。ただいつもの公演と違い、自宅と隣合わせの稽古場ということで、ひょっとしたら一目だけでもお目にかかれるかも知れない、そんな淡い期待があった。
     そして2つ目の理由は、2月にヤン・ファーブルの公演を観て、大変感動したことだ。このシアターワークを観てからというもの、ダンサーやアクターのことが少し分かりたいと思うようになっていた。しかし自らが本格的にそうなりたいという訳ではない。だから身体的なテクニックを身に付けるよりも、彼らの立場では、表現にどう取り組んでいくのか。そのアプローチを知りたくなっていた。
     思考的な部分を、ある程度の実践を交えながら出来る環境が望ましい。言わば‘身体で考える’だ。その見地からすれば、今回はダンスよりも、精神性を重視する舞踏という表現形態で学ぶことが、最適に思えてきた。

     私は今まで1度も、大野一雄さんの公演を直に見たことがない。ご健在振りから、その気になればいつでも拝見出来ると、浅はかにも高を括ってきてしまった。現在となってはその機会はほぼない。本当に残念なことだ。
     実は以前にも似たようなことがあった。マルセ太郎さんのパフォーマンスである。一時期公演回数が多かったこと、ご病気されたあとも、これも同じく勝手ながら、まだまだあり続ける存在だと思い込んでいた。
     そんな反省からか、大野さんの踊る姿は生で観れないにしても、せめて、その人となりには触れておきたかった。踊りと私生活が一緒で垣根が全く無いと聞く、その人に会ってみたい。今年に入ってから今更ながらに、この巨人に興味が沸き立ってきていた。
     大野一雄さんが日常的にワークショップを行っていたことは、以前から知っていた。今まで踊り手を目指そうとは1度も考えたこともなかったので、ワークショップは関係のない話だと思ってきた。しかし今、ファーブルのおかげで、にわかにワークショップを欲している。大野さんにお会いしたいという願いと、自分とは異なるスタンスでの表現の発露を知りたいという欲求とが重なった。


     この日、ワークショップは自主練習という形になった。指導する大野慶人さんが指を怪我され、病院に行かれてしまったためだ。約2時間の自主練習が終わった頃、慶人さんがいらっしゃった。
     初めて来たということで、ご挨拶をする。ソフトな語り口で柔和な印象。今まで私が直接知っている舞踏の方は、田中泯さんだけだ。以前イベントでご一緒させて頂いた。いつ怒り出すのか分からない(笑)やや体育会系的な第一印象だった。慶人さんと泯さんとの好対照振りに少し驚く。
     本日は「彼岸」の稽古をやる予定だったという。あの世とこの世を行き来する様を、どう表現するのかを考えていく回にしたかったそうだ。これは捉えようによっては様々な局面へと転化出来る面白いテーマだ。興味が沸く。そんなお話と同時に、大野一雄さんは稽古場にもお見えにならないことを聞く。
     
     ワークショップでの体験は、次回持ち越しとなった。大野一雄さんと直接対面することは難しそうだが、慶人さんやいろいろなことを通して、帰納的な形でご本人を知ることが出来そうだ。何度か通ってみようかなと思う。
     帰り道、参加者の1人と一緒に帰った。まるで韓流スターを思わせるハンサムな若者だった。役者を目指しているという。将来の自分について熱く語る。私は一切を否定せずに聞く。昔私にもそんな時期があったからだ。その際、目上の人から「そうは言ってもねぇ〜。君は何も分かっていない」と変な形で否定されたのを覚えている。そして少し歳を取った今、その人の否定的な答えは、全くの間違えだと判明している。


     大野さんから学びたいという理由で生まれる時間や出会い。
     おそらくこの磁場そのものが、大野さんの踊りであり、彼自身なのかも知れない。

     


     

     
     
     
    | - | 23:22 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    大野さんのドキュメンタリー映画も公開されましたね。
    最近は舞踏家のかたとイベントをしたり、ご一緒する機会が増えました。

    5/9にも原宿で舞踏家の方と一緒に企画している朗読会をします!
    お時間ありましたら、是非。
    | ロビー(表純平) | 2007/05/07 9:29 AM |










    http://blog.teruyuki-tanaka.net/trackback/204086