RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Resistance in Life !

「生き方としてのレジスタンス!」と言ったら大袈裟だけど、そうありたいな〜って、ちょっぴりまじめに考えている、30代半ばの、とあるオッサンの日記です。
http://www.teruyuki-tanaka.net/
4月のテーマ「戦略は細部に宿る」
<< 魅力的なニューフェイス | main | 悲しき「オレ流」 >>
わがおもう 港も近くなりにけり ふくや 追手の かぜのまにまに
0
     12月1日。
     いよいよ今年も残り1か月。そう思って、ざっとこの1年を振り返ってみた。即座に「不十分」という言葉が出てきてしまう。
     精一杯何かをやり切ったと自信を持って言える日々が、果たして何日あっただろうか。
     何かに挑戦し、その過程で得られる実感、その後の充実感。そんな何物にも代えがたい経験が乏しかったのではと、やっぱり思うのである。
     とは言え、時間は二度と帰ってこない。今月は体勢を整え、激動の来年に備えることにしよう。

     わがおもう 港も近くなりにけり ふくや 追手の かぜのまにまに

     私の思いを後押ししてくれるような、この和歌を今月の言葉としたい。
     ここ数年間、盆、正月は長野のアーティスト仲間、忠の家に過ごさせてもらっている。そうして毎正月、忠の家族と共に初詣に出かける。行き先は「生島足島神社」。
     お参りし、おみくじを引く。必ず大吉が出る。いつもそうなのだ。手に取り、めくると励ましの一言。しかし一方で自戒の念を持つようにともある。意味もさることながら、毎回毎度、新たに出会う言葉自体の美しさに感動させられる。
     今夏、お盆に伺った際、皆とお参りに出かけた。おみくじを引くと私にはやはり大吉が出た。そこに書かれてあった言葉が、この和歌である。
     
     もっともっと冒険がしたい。この欲求は益々高ぶる。人から「段々我が強くなってきたねぇ」と言われる時も増えてきた。昔からわがままなところはあるが、歳と共に一層目立つようになってきたのだろうか。
     もちろん、それもあるだろう。いや、それが大部分なのかも知れない。だが少なくとも私は、以前より本音で語ることを躊躇しなくなった。自分の考えは正々堂々と言う。そんな前向きな一面が強化されたのではと捉えている。全く手前味噌な考えではあるが・・・(笑)。

     今月はこんな自分を磨きつつも、この歌の背後にある「心直く」を胸に、何事にも謙虚で柔軟に取り入れていければなぁ・・・(苦笑)。
     
    | - | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.teruyuki-tanaka.net/trackback/460425