RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Resistance in Life !

「生き方としてのレジスタンス!」と言ったら大袈裟だけど、そうありたいな〜って、ちょっぴりまじめに考えている、30代半ばの、とあるオッサンの日記です。
http://www.teruyuki-tanaka.net/
4月のテーマ「戦略は細部に宿る」
<< わがおもう 港も近くなりにけり ふくや 追手の かぜのまにまに | main | 臈たしアナベル・リイ 総毛立ちつ身まかりつ >>
悲しき「オレ流」
0
     夕方、秋葉原に出掛けた。
     量販店のポイントカードを使って買い物をしにいく。今のところポイントは2万5000円分。贅沢を言わなければ、そこそこの物は買えるはずだ。
     今回の使い道は最初から決めていた。アップルのIPODか他社のMP3プレーヤー。それがうまくいかないのなら、デジカメを買い換えようかな。それ以上を望むとかえってこれに金額をプラスしなければならない。今そんな余裕はない。

     前々から超小型のプレーヤーは欲しかった。軽くて、かさばらない。移動中も便利。通勤通学のみならず、ジムでもこれをTシャツの襟や腕の部分につけ、聴きながら運動する人をよく見かける。あんな風に身近に音を楽しみたいなあと思っていた。
     とは言え、私は予ねてからメカ音痴だ。また詳しくなるつもりもないので、最初から店員に値段を告げ、ある程度ピックアップしてもらう。要は値段と使い勝手が過不足なければいい。物に対しての拘りは、以前からほとんどないし、増してやコレクター壁など全くだ。
     店員をおちょくりながらの買い物。いくつか薦めてもらったものに初心者としていろいろと質問する。小一時間たった頃には、何だかんだ商品知識がついてしまった。ケース等の若干のオプションも買い足し、ギリギリ無料の範囲内で収める。

     ただ問題はここから。持って帰って、即使うことは出来ない。というのも先月のタイ遠征等で、今月はやりくりが大変。次に収入が入ってくるまで、何とか持たせなければならない。自分で買ったものだが、うかつに封を開けて簡単に私物には出来ない。いざという時には、ネットオークションに出したり、質屋に持って行くことも視野に入れとかないと。その切り札として取っておくことにする。

     よくよく考えてみると、高価な?(私にとって)買い物をした後、そのまま自分で使うことは少ないかも知れない。一旦、プールして、ひょっとしたら、いつでも手放せる「暫定状態」に一旦しておき、期間取ってから晴れて自分自身で使う。このパターンがわりとある。

     悲しき「オレ流」ですな・・・。


    | - | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.teruyuki-tanaka.net/trackback/462481