RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Resistance in Life !

「生き方としてのレジスタンス!」と言ったら大袈裟だけど、そうありたいな〜って、ちょっぴりまじめに考えている、30代半ばの、とあるオッサンの日記です。
http://www.teruyuki-tanaka.net/
4月のテーマ「戦略は細部に宿る」
<< とり止めもないが、和やかな一日 | main | ベルリン・フィル 最高のハーモニーを求めて >>
ソウル・オペラ「魔笛」を観て
0
     夕方から久しぶりに、東京国際フォーラムに出かける。
     ホールCで、ソウル・オペラ「魔笛」を観た。

     事前知識がなかったためか、観る前とその後では、私の印象はガラリと変わってしまった。
     鑑賞後に無条件にうなずけるのは、この作品のホームページで紹介されている事柄や、各著名人が鑑賞後に寄せたコメント。つまり西洋オペラがアフリカン・テイストに生まれ変わることで、返ってこれこそが、モーツァルトが望んだオリジナルの真の世界観ではないか。そう想起させる生命感や躍動感。
     楽器をマリンバやスティールドラム等に、歌唱は時にクラシック、R&B、ゴスペルと多様化しながも、ほぼ忠実にモーツァルトをやる。そのとんでもなさと迫力。決してクラシック党でもなく、このオリジナルの概要ほどしか知らない私でさえ、つい、そうだそうだと言ってしまいたくなる。

     だがその一方で、個人的には少し肩透かしを食らった感もある。
     わざわざチケットを買って足を運んだ本当の理由は、もっともっと呪術的で、シャーマン的な仕上がりだと思っていたからだ。
     クラシック・オペラがピリミティブで儀式的なものに置き換えられる。始まる間際まで、そんな前代未聞さを期待していた。しかし、それは全くの私の思い込みであった。
     まあ少し考えてみれば、そんなエポックなもの、だいたい東京国際フォーラムでやれるものではない。またローレンス・オリヴィエ賞なるロンドン演劇界の最高勲章を受賞したこと自体、いわば、王道で勝負し王道を制した作品なのだ。

     悪い意味は微塵もなく、オペラだった。舞台構成の随所に緻密さが垣間見られ、シアターワークの極みと位置づけられるオペラのフレームを感じさせる。また役者兼歌手のアスリートとしての鍛錬、その集積が、結果として感動に結びついていく。
     メイド・イン・南アフリカという触れ込みに、もしかして自分の既成概念をも揺すぶられる出し物ではないか。
     そんな私の個人的期待は、始まって早々、間違っても、変り種とは言わせない、確固たるプロフェッショナルなドキュメントに押し流されていった。

    | - | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.teruyuki-tanaka.net/trackback/795014