RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Resistance in Life !

「生き方としてのレジスタンス!」と言ったら大袈裟だけど、そうありたいな〜って、ちょっぴりまじめに考えている、30代半ばの、とあるオッサンの日記です。
http://www.teruyuki-tanaka.net/
4月のテーマ「戦略は細部に宿る」
<< 己と闘い、己を愛す | main | ザ・ワールド・フェイマス・カウント・ベイシー・オーケストラ >>
日比谷の派遣村
0
     久々に岡本君と会うことに。
     彼とは長らくゆっくり話していないのと、昨年11月の「フーロビン展」のオープニングに急遽駆けつけてくれたお礼を言いたかった。
     忙しい最中と聞き、会う場所は相手の都合のいい所で良かったが、敢えて日比谷にしてもらった。理由は、昨年末から続いている日比谷公園内に設けられた「年越し派遣村」を訪れるため。
     派遣村に行くのは、決して物見遊山な気持ちからではない。私とて、生計の立て方としては紙一重の生活で、全く人事ではない。そして何より「どうなっているんだ、どうしてこんなことが起きてしまったのか」ということを知りたい。また岡本君は若者の労働状況や働く意識に興味があり、共同での著書もある。現職もその関係だ。彼の意見も聞いてみたかった。

     訪れてみると、テレビニュースで見た光景がそのまま。公園内のこの一角に着くまでは感じなかったが、改めて人の多さに驚く。またここで余儀なく生活させている方々の多くは、40代、50代の年齢層に見受けられた。若者ではないが、決してお年寄りでもない。適職に就いていれば、きっと働き盛りの頃だろう。そのせいか、野宿的な厳しい生活の中にも、何かしらの力強さも感じる。
     思わず、かつての山谷地区を想起させられる。もちろん私は世代的に当時を直に知らない。昨今訪れたり、映画「山谷・やられたらやりかえせ」から推察するのみ。
     ついそう思ってしまうのは、この現場も映画同様、途中経過の現場だからだ。先は見えない。が、見えないだけだ。決して無い訳ではない。いや、万が一無いとしても、それならば、作っていくしか選択肢はないのだ。大きな不安と一途な望みが、うねりを起こしている真っ只中。

     そんな中、派遣村の運営に携わる方から、村民の人たちに告知。一時的に就寝場所として開放させていた厚生労働省の講堂が、明日の朝から利用出来なくなる。今後どうするのか。先程、厚生労働省の担当者と話し合った結果を報告するというものだった。
     拡声器を使って行われた報告を聞き逃さまいとたくさんの人が集まり、話し手を中心に集会場が出来上がった。説明の最中、後方からは、野党の政治家がぞくぞくとやって来た。そして拡声器の前に並び、民主党の管さんから順番に、政府へ今後の対応要請や批判を主張し始めた。他、社民党、共産党、国民新党、新党大地と、1時間余りで集会は閉じた。
     厚労省との交渉結果や各政治家の話では、明日大きな動きがあり、村民の生活そのものが改善がされる。そして、今後の生活にも何かしらのバックアップ策が採られるという。派遣村のリーダーの方々、役人、政治家、そして世論で、やっと緊急回避となる。
     

     夕方前だが、やっぱり肌寒い。
     そんな中、この村の運営やボランティアに関わる全ての人の懸命さ、尊さは言うまでもない。前向きにリーダーシップを発揮し、困難な折衝を取り仕切る方々。物資の調達、炊き出しをする方々。全て寒空の中での崇高な行動。
     そして、村の人たちの表情を見ていると、個々の人生ストーリーを思わせられる。現在一時的にここに同居しているだけで、過去も違えば、やはり未来も違う。個々人がこれからをどう生きていくのか。
     また、この派遣村なる救済の枠の外には、もっとたくさんの人たちがいるだろう。

     マクロ的な要因やミクロ的な事情が複雑に入り混じり、現在、現状がある。この場を踏んで、少し分かったこともあれば、膨大に分からないことも多い。どうしてこうなったのか。ニュースや新聞でいくつかの説は知っている。
     だが、今日はここで私個人な統括の羅刹はしない。
     今言えることは1つ。脳みその現状認識の1ページに刻みつけた。

     その上で、私は私でいる。


     
     

     
     
     
     
    | - | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.teruyuki-tanaka.net/trackback/816223