RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Resistance in Life !

「生き方としてのレジスタンス!」と言ったら大袈裟だけど、そうありたいな〜って、ちょっぴりまじめに考えている、30代半ばの、とあるオッサンの日記です。
http://www.teruyuki-tanaka.net/
4月のテーマ「戦略は細部に宿る」
<< 「象引」はおもしろい! | main | ついに?のマンハッタン・トランスファー >>
バングラデシュのマイクロ・ファイナンス
0
     六本木ヒルズの「Roppongi BIZ」にて、ファザル・H・アベド氏による「未来を変える人たち/発展途上国に明るい光を投げかけるBRAC(バングラデシュ農村向上委員会)の活動」と題された講演を聴く。

     「イデオロギーやマーケットからではなく、イノベーションによって社会問題の解決を図ってきた」。そう主張する氏は、BRAC(バングラデシュ農村向上委員会)の創設者であり現在、会長職。昨今、個人やグループ、市民団体、ボランティア団体、NGO、NPOという動きの中で、市民が活動のメインを担うものは、市民セクターと呼ばれている。そうした動きの中で特に斗出した人物は「社会起業家」と位置づけられる。彼もその1人である。
     「社会起業家」と言われてもピンとこない人も多いかも知れない。実は私もそうだった。しかし2006年にノーベル平和賞を受賞したバングラデシュのムハマド・ユヌス氏がそういう存在だと分かり、合点がいった。彼は貧困層向け小口融資を新興国を中心に普及させたグラミン銀行の創設者で、現マネジング・ディレクター。その活動振りは深夜に放送されるCNNドキュメントで見て知っていたので、「社会起業家」とは、単なるビジネスマンを指す言葉ではなく、もっと複合的な存在であることがよく分かった。
     会社として自らの採算もさることながら、どうすればより良い社会に変えることが出来るのか。そうした「社会を変革するセオリー」を生み出し、かつ実践していく。そうした目線、実行力が、利害を超えたところにある。

     アヘド氏も同じバングラデシュ出身。彼は政府の補助金や先進国からの援助に頼らず、貧困層の中で起業を促し、自力でビジネスを始める人々を支援する仕組みを確立、そして成功を収めた。こうした外的なものより内なる起爆から広がっていくマイクロ・ファイナンスという手法を駆使。支援される対象の人たちは、主に農業復興、教育、医療サービスに従事。彼の団体がそのノウハウを啓蒙しながら、資金貸しをする。貧困層の中で需要と供給を産み出していくのだ。当然、生活基盤は安定化していく。と同時に、農業による食料事情の好転、それまで行き届かなかった子供達への教育、医療の基礎的ものが、乳幼児の死亡率低下と繋がり、必要なインフラ整備も産業化していったという。

     アヘド氏がイギリスから自国へ戻った37年前。バングラディシュでは民主化が始まり、インド等に避難していた1000万人を超える人たちも戻ってきたが、同時に混乱と貧困の時でもあった。
     そんな中、一民間人として、アヘド氏の国作りが始まる。
     各分野で具体的に進めてきた方策とデーター。聞けた範囲でもたくさんあり、書き切れないほどだ。
     総括的に見て特におもしろいと思ったこと、というよりも日本と違うと思ったことがある。あらゆるイニシアティブを女性に任せるという点だった。医療、教育を進めるために、各村々に設けるフィールドワーカーは必ず女性。始めにあらゆることを彼女に啓蒙する。病気になった乳幼児に飲ませる薬用水溶液の作り方、子供が教育を受ける重要性等々。そして彼女がその集落のいわば、リーダー兼相談役、そして、アヘド氏の組織への報告役にもなるという。
     女性が社会を引率していくという発想が先ず第一に浮かぶところは、お国柄の違いだろう。氏も「バングラで使えても、アフガンでは応用出来ない」と語っていた。国民性を踏まえた上で、経済や教育等、国の青写真を描いている。

     こういう動きを見聞きしていると、ふと、日本が心配になる。
     私に何がどう出来るか、引き続き研鑽していきたい。

     尻切れトンボになるが、今日はここまで。




     
    | - | 18:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.teruyuki-tanaka.net/trackback/844578